本文へスキップ

名古屋市 北区・東区の学習塾  明和,向陽,瑞陵,名西高校の進学と指導  大学・高校・中学受験  集団一斉授業・個別指導

TEL. 052-914-8844

〒462-0833 名古屋市北区水切町6-90-2

私立中学受験科が考える『使える算数力』と『つながる算数力』

『使える算数力』 〜「特殊算」の丸暗記だけで終わらせない指導〜

中学受験の算数には普段の小学校の授業では習わない特殊な解法が数多く出てきます。これらの解法の丸暗記をして問題演習をこなしていけば、ある程度の偏差値にまで達することは難しくありません。

しかし実際の入試問題では、特に近年のものに顕著ですが、柔軟な思考力を要求する問題の出題が少なくありません。特殊算の丸暗記だけでは典型問題には正解できますが、これらの思考力を問う問題には到底対応はできません。

算数は暗記科目ではありません。学習する際には、ただ自分の答えが正解しているかどうかだけをチェックするのではなく、答えに至るまでの道筋を確実に理解できることが必要となります。そのため、当塾の私立中学受験科では「なぜこの解法をとるのか?」という理由が分かるような解説を心掛けています。特に新しい公式を授業で初めて紹介する際には、じっくりと時間を取って公式の根本を理解できるような解説にも心掛けています。1つの解法や公式を、時間をかけてじっくりと考えることは一見遠回りのようですが、算数の本質を理解するためには大切なことなのです。また、一度じっくりと自分の頭で考えたことは、忘れにくくなるというメリットもあるのです。

『つながる算数力』 〜「中学数学」への橋渡しとなる指導〜

受験勉強で学ぶ特殊算の解法のほとんどが、中学校における数学では使うことがありません。代表的なものに「面積図を利用した解法」というものがあります。これは、「食塩水の問題」「平均の問題」「つるかめ算の問題」などを計算する際に、中学受験を指導する塾や受験用の参考書等で用いられる一般的な解法ですが、中学で学習する数学では一切使いません。その理由は、中1数学の早い段階で「方程式」を学び、これにより未知数をxなどの文字を置いて式を立てることが可能となるため、中学受験では重宝される「面積図を利用した解法」も不要となってしまうのです。

ところが、中学受験での学習に用いられるこの特殊な解法に慣れたお子様の中には、方程式を学習するときに「文字を置く」という事に戸惑うお子様もいます。実際、受験後に入塾された私立中学のお子様の中には「面積図の方が簡単なのに、なぜ文字を使うのか?」「楽に解ける面積図を使って問題を解きたい」などと言う方もいました。今まで散々使っていた解法を中学に入った途端にいきなり全く使わなくなることに抵抗があるのも無理はありませんが、数学の中でも「方程式」はかなり重要な単元であるため、ここで蹟いてしまうと成績の伸び悩みにつながってしまいます。

当塾の私立中学受験科では「中学数学」ヘとスムーズに橋渡しができるような指導を心掛けています。そのため、この「面積図を利用した解法」を1つの解法例として紹介はしますが、それを中心として指導をすることはありません。その代わりに、「@算」という解法を使って問題を解いていきます。この解法でxなどの文字は使いませんが、考え方は中学で学ぶ「一次方程式」に近いものになります。この「@算」を使う解法をマスターしていれば、「一次方程式」の考え方を理解するのはさほど難しくありません。またそれ以外にも、受験算数の範囲を超える内容であっても、必要があれば高校で学習する内容を授業で紹介することもあります。入試を突破する力をつけさせることも大事ですが、当塾の私立中学受験科ではこのような「中学受験以後も見据えた算数の指導」を何よりも大切と考えて指導を行っています。

バナースペース