本文へスキップ

名古屋市 北区・東区の学習塾  明和,向陽,瑞陵,名西高校の進学と指導  大学・高校・中学受験  集団一斉授業・個別指導

TEL. 052-914-8844

〒462-0833 名古屋市北区水切町6-90-2

私立中学受験科が考える「本当の国語力」

その点数は国語力の反映?

現在、特別なこともせずに普通にテストで点数が取れている方もいらっしゃると思います。しかし、それは今の段階だから点数が取れているだけかもしれません。大人と話す機会の多さであったり、少し早めに塾に通っているための慣れであったり、読書好きであったりと、それらのアドバンテージで点数が取れているだけの可能性があります。しかし、それもいずれ無くなります。今点数が取れているからと言って自分勝手な読み方や解き方をしていれば、中学、高校と進むにつれて難易度の高くなる国語の問題に対処できなくなってしまいます。中学に合格することがゴールではありません。その先があり、その先こそ大切なのです。どの教科でもそうですが、受験勉強は中学合格だけを念頭に行ってはいけません。中学進学後、そしてその先にある大学受験までも見据えてやらなければなりません。そのためにはしっかりとした目的をもって国語の学習に取り組む必要があるのです。

惰性的な国語の学習と授業

一般的に国語の勉強は、算数ほどには時間をかけて行っておらず、圧倒的に勉強量が足りていないというお子様を多くお見受けします。また、国語の勉強をやってはいても、「ただ問題を解いて、ただ答え合わせをする」というだけの惰性的な学習に陥っている場合も多いようです。これは家庭学習に限った話ではなく、学習塾における国語の授業でも同じことです。これは国語特有の性質に要因があると考えられます。漢字・語句・文法などの暗記問題は別ですが、国語における読解力を問う問題は、「公式」に当てはめれば解けるというものではありませんし、何かを暗記していれば解けるというものでもありません。そういうつかみどころの無さが、「単なる問題演習と答え合わせ」という惰性的な学習や授業に陥らせてしまうのです。しかも厄介なことに、「国語」は一番身近な「日本語」に関わるものであるため、ある程度は何とかなってしまうところもあるので、(しかしこれは「なんとかなる」だけであって「お子様にとって有効なもの」にはなり得ないのですが…)危機感も感じず、改善や工夫もないまま淡々と学習や授業を進めてしまい、お子様の国語の成績が悪くなれば、その原因を単純に学習量の問題に帰結させてしまい、問題を解く量を増やしたり、補習授業を追加したりして対処しようとしてしまいます。しかし、これが根本的な解決に結びつかないのは火を見るより明らかです。

私立中学受験科による「戦略的」な国語授業

当塾の私立中学受験科では、単に当該学年のテキストを、模試に合わせたカリキュラムに従って淡々と進めていくだけの、流れ作業的な授業は行っておりません。まずは3・4年生と5・6年生とに分けて考え、国語力を付けさせるためにはそれぞれの時期に何が必要で、そのためには何をすべきかということをしっかりと決めて実践をしています。敬倫塾では国語の成績アップのために、テキストの選定やカリキュラムの消化、授業数の増加などよりも、「ビジョン」と「戦略」が重要だと考え、それに沿った授業を展開しています。

3・4年生のうちにすべきこと

受験で成功するかどうかは、この時期の「学習に対する姿勢づくり」と「語彙力強化」にかかっていると言っても過言ではありません。

字を丁寧に書く、書き間違えたら消しゴムできれいに消す、宿題をちゃんとやる、忘れ物をしない、課題の提出期限を守る、テスト勉強をする。これらのことは当たり前のことであり、とても大切なことでもありますが、ややもすればこれらの当たり前はおろそかにされがちです。しかし、「学習に対する姿勢づくり」が3・4年生の内にしっかりとできるようにならないと、5年生から本格的に始まる受験勉強において、かなり苦労することになってしまいます。当塾ではこれらの「当たり前」が「当たり前のこと」としてできるように、時には口うるさく指導することもあります。

また、国語で高得点を取るために不可欠になるものが「語彙力」です。語彙が不十分だと、細かい部分での読み取りにずれが生じてしまい、紛らわしい選択肢の問題で判断を誤ったり、論述問題において稚拙な言葉でしか表現できずに得点できなかったりと、あらゆる面で支障が出てしまいます。そのため、3・4年生の内は「設問に対してどう的確に答えるか」ということよりも、まずは「基礎的な語彙を増やす」ということに重点を置いて授業を進めてまいります。この期間に基礎的な語彙をしっかりと身につけることができるかどうかで、5年生から本格的に行う長文読解演習での精度が決まるといっても過言ではありません。

私立中学受験科が指導する「戦略的な読み」

当塾の私立中学受験科では、文章を読む際に目的を持って読み進めることができるようにするため、文章への印つけを段階的に指導して、授業内の演習や宿題において徹底させています。この印つけは、説明文と小説文とでは注目させるポイントが異なるため、やり方を変えています。この印つけの実践によって、論説文では論理構造を、小説文では登場人物の心情の移り変わりを、主観を入れずにとらえさせることができます。この適切な読みが問題文に左右されない安定した読みを可能にし、高得点や好成績の維持につながるのです。

私立中学受験科が指導する「客観的な問題アプローチ」

国語の不安定な成績の1つの要因となっているのが、「主観的な判断」によって問題を解いてしまうことです。暗記系の問題を除いて、大半の問題の答えの根拠は文中にあります。そのため、高得点をとれるかどうかは、その根拠をいかに的確に、しかも効率よく探せるかどうかにかかっています。当塾の私立中学受験科では、「主観的な判断」を排除して、文中にある「客観的な根拠」を探すためのアプローチの仕方を身につけさせるために、答え合わせの際にかなりの時間を割いて解説を行っております。なぜなら、単に答え合わせをするだけではこのような「客観的な問題アプローチ」の仕方は身に付かないからです。そして、このアプローチの仕方を身につけてさえいれば、たとえ難解な文章の場合であっても、内容の理解が十分でないながらもアプローチのコツをつかんでいるために答えの判断ができてしまうこともあるのです。分からない時こそ、でたらめに解答するのではなく、手順を踏んで解答していく必要があるのです。

最後に

繰り返しになりますが、「国語」というものは、漠然としたやり方で学習を続けているだけでは成績の向上は期待できません。当塾の私立中学受験科では、フィーリング(=安定感の無い自分勝手な判断)に頼らず、しっかりとした戦略を持って文章を読み、そして的確なアプローチによって解答していく力、「本当の国語力」を養うことを主眼に置いて、「ビジョン」を持った「戦略的」な授業の実践に全力を注いでいます。ぜひ当塾の私立中学受験科でこの授業を体感してみてください。

バナースペース